INITIATIVES FOR SDGS

SDGsとは?

SDGs「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人取り残さない(Leave no one behind)ことを原則としています。SDGsは発展途上国だけではなく先進国も共に取り組む普遍的なものであり、私たちエムケー精工も、持続可能な社会の実現に貢献することを誓います。

社是『努力創造』とSDGs

エムケー精工には「努力創造」という創業者の言葉があります。
私たちはこの言葉を大切なDNAとして受け継ぎ、「その手があった!の一手先。」を実現する研究開発型企業として、お客様の安全、健康と快適をサポートする多くの製品を世に送り出してきました。これからも環境に配慮された、健康でいきいきとした暮らしを広げる商品・サービスの提供と地域活動を通じて、SDGsの達成に貢献していきます。

エムケー精工のSDGs達成に向けた取組み

環境に配慮した生産と製品開発

エムケー精工では環境に優しいモノづくりと、環境に優しいモノとサービスの提供を目指しています。事業所の節電や製造時のエネルギーの削減、過剰な梱包を行わないなど、資源の節約に励んでいます。また、環境に配慮した節水型の洗車機や太陽光を利用した表示機の開発も行っています。さらに、メンテナンス体制を充実させ、お客様により長く製品をご愛用いただけるよう努力しています。

働きやすい環境作り

エムケー精工では、全ての社員が平等で健康的に働ける環境を目指しています。2018年長野県主催の「健康づくりチャレンジ」では、参加した長野県内205事業所の中から「ウォーキング大賞」を受賞しました。また、管理栄養士による従業員の食事指導「メシレポ・プログラム」など、社員一人ひとりの健康を応援する活動を積極的に行っています。また、女性が活躍できる環境づくりや子育てへの支援など、全ての社員がライフスタイルに合わせた働き方ができるよう整備。その結果、プラチナくるみんやえるぼし3段階目など、国からも認証を得ています。

左: 上:
ウォーキングに取り組む従業員
右: 下:
メシレポ・プログラムで管理栄養士に送る写真を撮っている

地域社会への貢献

地域社会への貢献は、その地域に根ざす企業の役割であるとエムケー精工は考えています。社員の地域行事や学校行事への参加を推進する他、MK杯(長野県ミニバスケットボール大会への特別協賛や、「ザ・ヤングアメリカンズ ジャパンツアー」のエリアスポンサーなど、次世代を担う地域の子供たちの活動を応援しています。

左: 上:
地域社会への貢献とスポーツ支援として特別協賛しているMK杯
右: 下:
エリアスポンサーとしてヤングアメリカンズの音楽を通した教育活動の応援をしています