冷えっ庫 精米処

お米は生鮮食品常温保存で劣化が始まる!!

玄米を冷やして保存、食べる都度精米、 最高においしい食べ方の新しいカタチ。(上白コース付き)

Function / 主な機能

  • 上白コース付き

  • お米が入れやすい大きな投入口(フタの取り外し可能)。

  • 玄米保冷。庫内は約15℃になると自動停止する省エネ設計。

  • 対流式精米。環境にやさしい電子冷却方式で作動音も静か。

  • お手入れ簡単。計量装置・ぬか容器・精米バスケットは本体から取り出して水洗いでき清潔に保てます。

Animation / 動画Youtubeサイトへ

品番 PRC-10W PRC-20W PRC-30W
玄米収納量 10kg 20kg 30kg
計量装置 スライド計量方式 1合(玄米 約165g)、2合(玄米 約330g)
米投入口サイズ 巾133×奥行294mm
電源 AC100V 50/60hz
定格消費電力 精米:320W/冷却:75W
冷却方法 冷気強制循環方式(ペルチェ素子による電子冷却)
電源コード長さ 約1.5m
冷却温度 約15℃(室温30℃)
使用環境 室内(温度0〜30℃・相対湿度30〜80%RH)
安全装置 安全センサー(米ロートを取付け、扉を閉めないと精米しない)/電流ヒューズ
精米方法 対流式
制御方法 マイコン制御
最大精米量 5合(玄米 約825g)
精米時間 米とぎの場合:5合=約8分20秒 白米の場合:5合=約5分40秒
精米コース 米とぎ・上白・白米・7分づき・5分づき・3分づき(胚芽)
精米時の定格時間 10分
材質 ■本体:鋼板(粉体塗装) ■フタ枠・フタ・前面板・扉:ポリスチレン ■計量部:ABS樹脂 ■ぬか容器・米ロート:ポリプロピレン ■断熱材:発泡スチロール ■精米バスケット:ステンレス ■精米はね:(本体部:ポリプロピレン、羽根部:ステンレス)

この製品のカタログ、取扱説明書をダウンロードできます。

品番 製品カタログ 取扱説明書
PRC-10W    
PRC-20W    
PRC-30W    

PDFファイルを閲覧・印刷する場合にはAdobe Reader (Acrobat Reader 7.0以上)が必要となります。

この製品の部品、消耗品をご紹介します。

冷えっ庫 精米処 (全品共通)

部品コード 部品名  
RC-B196Z0 フィルター

お電話・FAXによる購入はこちら

フリーダイヤル 0120-70-4040 受付時間
月曜日~金曜日
午前9時~午後5時(午前12時~午後1時は休止)
※祝日及び弊社休業日を除く。
※お客様応対の品質向上とより良い製品開発のために通話録音させていただいております。
通常電話番号 026-272-4111(代表)
ファックス 026-274-7089
※携帯電話・PHSをご利用の場合、フリーダイヤルがご使用できない場合がございます。

この製品に関するよくある質問をご紹介します。

廃棄するときには、家電リサイクル法に従って処理する必要がありますか?

家電リサイクル法が適用される「冷蔵庫」には該当しません。廃棄についてはお住まいの各自治体の決まりに従ってください。

ぬかは精米のたびに取り除くのですか?

ぬかは精米のたびに取り除いてください。 精米容器の外周部分がぬか容器となっておりますので、精米したお米を取り出す際にぬか容器ごと取り出していただく簡単な構造となっております。毎回取り出していただくので全量がすりたてのぬかですから、ぬかをご利用の際も新鮮なものをお使いいただけます。

お米の虫は発生しませんか?

玄米には貯穀害虫(お米の虫)の卵が付着していることがございます。保冷精米機の低温保管は、これら害虫の発生を抑える効果はありますが殺虫能力はありません。保管の期間が長い場合や高温が続く場所での保管では、まれに害虫がふ化・羽化をすることがございます。

お電話・FAXによる購入はこちら

フリーダイヤル 0120-70-4040 受付時間
月曜日~金曜日
午前9時~午後5時(午前12時~午後1時は休止)
※祝日及び弊社休業日を除く。
※お客様応対の品質向上とより良い製品開発のために通話録音させていただいております。
通常電話番号 026-272-4111(代表)
ファックス 026-274-7089
※携帯電話・PHSをご利用の場合、フリーダイヤルがご使用できない場合がございます。

メールでもお問い合わせ

ご返答までにお時間をいただきます。またご質問の内容によっては、問い合わせ全てのご回答を保証するものではありません。ご了承くださいますようお願いいたします。

※各仕様については製品の改善などにより予告なく変更することがありますのでご了承ください。

※製品の色は印刷インキや撮影条件などから実際の色と異なって見えることがあります。