長野のエジソンになろう エムケー精工株式会社採用サイト2019

デザイン

デザインでみんなの暮らしを豊かにしたい。

入社を決めた理由

T.I 商品開発研究科 武蔵工業大学 文化女子大学 (現:文化学園大学) 家政学部 生活図形学科 卒業

大学でプロダクトデザインを学び、その知識を活かした仕事がしたいと考えていました。大学時代、一人暮らしの狭いキッチンで苦労した経験から、卒業制作ではキッチンを快適にするプロダクトを制作し、キッチン関連製品を開発しているエムケー精工に惹かれ入社を決めました。

制約の中でデザインをするおもしろさ

生活機器製品のプロダクトデザインから、取扱説明書、製品ロゴ、ときにはホームページまで製品に関わるほぼ全てのデザイン業務に関わっています。設計者や販売部門と常にコミュニケーションを取りながら市場のニーズを意識してデザインをしています。最近では「見せる収納」をテーマに計量米びつのデザインを担当しました。市場にある製品を調査しエンドユーザーやその製品が置かれる空間を想像し、コンセプトを明確にしていきます。そこからキーワードを抽出し、アイディアスケッチやCGでデザインイメージを社内外に提案します。パソコン作業ばかりではなく、モックアップ模型を作成し自分の目や感覚で製品の使いやすさを検証しています。製品をデザインする際、インハウスデザイナーには常にコストや製造上の制約がつきまといますが、その制約の中で最大限の結果を生み出すことが面白いところでもあり、やりがいにつながっています。当社のデザイン業務はアウトプットの幅が広いため。

  

デザインで愛着をプラスしたい

デザイナー発の女性目線で幅広くモノづくりを手がけたいと考えています。当社は自社ですべて作れる完成品メーカーだからこそ、企画開発、製造など部署の垣根を越えて様々な知識を結集させたモノづくりができると思います。 その際、機能だけにこだわるのではなく、エンドユーザーに「この製品が身近にあることで気分が上がる」と思われるような、お気に入りの存在になれるデザインができればいいですね。また、そういった製品に取組む中で新規販売ルートを開拓していきたいと考えています。

エジソンらしく働く工夫

製品にもよりますが、製品や銘板をデザインするときにさりげない箇所にワンポイント遊び心を入れるようにしています。例えば今開発している米びつには、よく見ると全部で3ヵ所、お米マークのデザインが隠れているんです。コストの制約はありますが、その制約があるからこそ、つくり手の工夫が光るのだと思います。自分のアイデアが活かされた製品がお店や通販誌等、身近なところで目にすることができるのもうれしいですね。

就活生へメッセージ

就職活動は一種のお見合いです。わたしは会社見学で初めてエムケー精工を訪れたときに直感的に「いいな!」という印象を受けました。その感覚は今でも変わりません。その会社と自分が合うかどうかは自分で会社を訪問し、社員の人と話してみることでしか分からないと思います。たくさんの会社を訪問していけば、「ここだ!」と思える会社と出会えると思います。